FX用語集

ら行

レート
ある通貨を、別のある通貨と交換する際の交換比率を数字で表わしたものです。例えば「1米ドル」と「100円」の価値が等しい場合、1米ドルあたりの対円取引レートは「100円」ということになります。
リーブオーダー(系)
売買をしたい値段を指定して、取引レートがその値段に達した時点ではじめて約定するタイプの注文の総称です。『バーチャルFX』では、「指値注文」と「ストップ注文」がこれにあたります。
レバレッジ
「てこの原理」の意味で、転じて小さな資金で大きな金額の取引をすること、またはその比率(投資倍率)のことを指します。 FX(外国為替保証金取引)では、このレバレッジを使うことによって効率的に資金を運用できることがメリットのひとつです。たとえば『バーチャルFX』における「米ドル・円」の取引の場合、5万円の取引保証金で、1万米ドルの外貨を売買できます。 1ドル=100円だとすれば、5万円の元手で100 万円相当の米ドルを運用できることになります。この場合、元手に対して(100万÷5万円=)20倍に相当する資金を運用している、つまり20倍のレバレッジをかけていることになります。 レバレッジをかけることにより、元手となる取引保証金に対して、大きな為替差益を得ることができます。ただし、逆に為替差損が出た場合もまた、取引保証金 に対して過大な金額となることに注意が必要です。
ロスカット
あるポジションに対し、損失を確定させるための決済取引(反対売買)を行なうことをいいます。『外貨ネクスト』や『FXステージ』などのFX(外国為替保証金取引)では、保有しているポジションに対し、ある一定のレベルで損失を確定させるための自動ロスカット機能が備わっていることが一般的です。

FXのことで質問するなら「ほっとFX」!
FX初心者から上級者までFXに関する疑問や悩みはすぐに解決!

外国為替保証金取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。
【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差が生じます。
<取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:『外貨ネクストネオ』各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上(法人のお客様は1%以上)に設定 売買手数料:『外貨ネクストネオ』手数料0円>
株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階  TEL:03-5733-3065
金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509)
『バーチャルFX』は、株式会社外為どっとコムの登録商標です。