VFXの軌跡

2003年

1月6日
米FRB、民間銀行向け貸出金利の制度変更を決定(新公定歩合の導入)
2月1日
スペースシャトル「コロンビア」号爆発事故
2月3日
第3回トレードコンテスト開幕。(〜3月29日)
  • ・優勝賞品は「現金50万円」、賞金総額は100万円。
2月6日
英BOE(イングランド銀行)、政策金利を0.25%引き下げ(3.75%)。1955年以来の低金利水準に
3月10日
日経平均、20年ぶりに一時8,000円割れ
3月19日
米英軍、イラク侵攻開始
3月20日
福井俊彦日銀総裁就任
3月31日
第4回トレードコンテスト“バーチャルでゴー!ゴー!”開幕。(〜5月31日)
  • ・この回から初めて、コンテストにサブタイトルが付けられるようになった。
  • ・優勝賞品は「現金55万円」。
4月28日
日経平均、いわゆる「ソニーショック」の影響でバブル崩壊後の最安値更新(一時7603.76円)
4月30日
日銀、追加金融緩和策決定(当座預金残高目標を22〜27兆円程度に引き上げ)
5月19日
ユーロ円、一時1ユーロ=136.84円まで上昇、導入初日につけた史上最高値(135.50円)を更新
5月20日
日銀、追加金融緩和策決定(当座預金残高目標を27〜30兆円程度に引き上げ)
5月27日
ユーロ、一時1ユーロ=1.1932ドルまで上昇、導入初日につけた史上最高値(1.1900ドル)を更新
5月29日
ユーロ円、ユーロ導入以来初めて1ユーロ=140円台へ上昇
6月1日
エビアン(フランス)サミット開幕
6月2日
第5回トレードコンテスト“バーチャルでバーチャルでゴー!ゴー!ゴー!”開幕。(〜8月2日)
  • ・優勝賞品は「現金55万5千円」、賞金総額は100万円超。
  • ・この回から、PDA(携帯情報端末)でもゲーム参加が可能に。
6月5日
ECB、政策金利を0.5%引き下げ(2.0%)。
6月25日
米FRB、FF金利を0.25%引き下げ(1.0%)。1958年以来の低水準に
7月10日
英BOE、政策金利を0.25%引き下げ(3.5%)。
8月4日
第6回トレードコンテスト“短期決戦”開幕。(〜8月30日)
  • ・コンテスト期間1ヵ月という文字通りの“短期決戦”。
    優勝賞品は「ソニー プラズマワイドテレビ KE-32TS2」。
    この回に限り、仮想元本の初期値を1,000万円に倍増。
  • ・『バーチャルFX』初代イメージガール・吉田沙恵子が初登場。
8月24日
『バーチャルFX』会員数1万名を突破。
9月1日
第7回トレードコンテスト“イタリア杯”開幕。(〜11月29日)
  • ・優勝賞品に、アルファ ロメオ「Alfa 147」が初登場。
    第2位賞品は「ローマ6日間ペアご招待」。
  • ・この回から、コンテスト期間を3ヵ月間に延長。
  • ・公式サイトを全面リニューアル(2代目)。
  • ・取引画面サイトを全面リニューアル(2代目・現行)。
公式サイト 2代目
9月6日
東京・大手町のJAビルにて「バーチャルFX 徹底勉強会セミナー」開催。
9月20日
ドバイG7、為替レートの更なる柔軟性を強調した共同声明を発表
9月22日
米ドル円、ドバイG7の声明を受け、前週末から大きく値を下げて取引開始。一時2年9ヵ月ぶりに111円台へ突入
9月30日
財務省、10月の外国為替平衡操作額(為替介入額)を発表(4兆4,573億円)
10月10日
日銀、追加金融緩和策決定(当座預金残高目標を27〜32兆円程度に引き上げ)
10月20日
03年度米財政赤字、過去最大の3742億ドル
10月31日
財務省、10月の外国為替平衡操作額(為替介入額)を発表(2兆7,230億円)
11月6日
英BOE、政策金利を0.25%引き上げ(3.75%)。
11月9日
第43回衆議院議員総選挙
11月25日
『バーチャルFX』会員数5万名を突破。
11月28日
  • ・10月の本邦消費者物価指数(除生鮮)、5年6ヵ月ぶりに前年同月比でプラスに
  • ・財務省、11月の外国為替平衡操作額(為替介入額)を発表(1兆5,996億円)
  • ・ユーロ、導入以来初めて1ユーロ=1.20ドル台へ上昇
12月1日
第8回トレードコンテスト“お年玉杯”開幕。(〜2004年1月3日)
  • ・優勝賞品は“お年玉”現金100万円。
  • ・この回に限り、いったんコンテスト期間を1ヵ月間に短縮。
12月8日
NZドル・円」、「カナダドル・円」、「スイスフラン・円」の3通貨ペアを取扱通貨ペアに追加。
12月14日
米軍、フセイン元イラク大統領を拘束したと発表
12月24日
米ワシントン州で同国最初のBSE感染牛発生。日本など、同国からの牛肉輸入を停止
12月29日
ユーロ、導入以来初めて1ユーロ=1.25ドル台へ上昇
12月30日
財務省、12月の外国為替平衡操作額(為替介入額)を発表(2兆2,519億円)
外国為替保証金取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。
【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差が生じます。
<取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:『外貨ネクストネオ』各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上(法人のお客様は1%以上)に設定 売買手数料:『外貨ネクストネオ』手数料0円>
株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階  TEL:03-5733-3065
金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509)
『バーチャルFX』は、株式会社外為どっとコムの登録商標です。