メルマガバックナンバー

■□■――――――――――――■□■―――――――――――――■□■

《週刊バーチャルFX》 2004/2/2 第95号 −「G7では何があったの?」

■□■――――――――――――■□■―――――――――――――■□■   
          《アルファロメオが当たる『セレブ杯』開催中!!》
                その他賞品はこちらから ↓↓↓↓
     http://www.virtualfx.jp/content/rule/v9prize.html

      以前、登録されている方は『再登録不要』です。
   ログインID・パスワードを忘れた方はこちらまで ↓↓↓↓
     https://trade.virtualfx.jp/virtual/forget.asp

★================================================================★
 第9回バーチャルFX        終了まで残り      53日
(2004.2.9 16:00 現在)     現在の参加者数     99241人
★================================================================★
 
  いつもご利用ありがとうございます。★バーチャルFX 運営局★です。

  突然ですが、牛丼屋さんに行くことってありますか?私はたまにって
 感じなのですが、先週なぜか違うお店に2回行くことがありました。
 1回は昼、1回は夜に行ったのですが両方ともお客さんがいっぱいな
 のですね。昼にいったのは最大手のお店です。今月11日から牛丼が
 販売中止になるそうです。

 でも、もともとはESBの影響で米国産牛肉に問題があるから今回の
 騒動になっているはずですよね。

 でもどうやら『駆込み需要』なのですね。つまり消費者は食べられな
 くなるから食べているということです。面白いと思いませんか?

 消費者の立場からすると、ひょっとしてESBなんかあまり気にして
 いないのかも知れませんね。ということは、そのお店とお客様には
 ただならぬ信頼のようなものでもあるのですかね。

 ぜんぜん為替とは関係のない話でしたが、我々バーチャルFX運営局
 も、お客様にとって『なくては困る』といっていただけるように日々
 精進しなければいけないなと思う今日この頃でした。

 ちなみに、一人で牛丼屋さんに入ったことはありません。

 

 《セレブ杯開催中》
  バーチャルFX ⇒ http://www.virtualfx.jp/

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

[INDEX]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
    【1】カンタン外国為替スクール?
    ----------------------------------------------------
    【2】今週の売買比率
    ----------------------------------------------------
    【3】今週の「外為のツボ」
    ----------------------------------------------------
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

☆==カンタン外国為替スクール=========================================

今週も外国為替マーケットをいて行くうえで、重要となるニュースや経済
指標について勉強しましょう。

今回は、先週ご紹介したG7(先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議)
が終わったあとの、マーケットの見方をすこしご紹介したいと思います。

=====================================================================

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
□ 
■ チェック1:『G7声明』は玉虫色?
□ 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 ─────────────────────────────────
 ■ 「為替相場のさらなる柔軟性が望ましい」
 ─────────────────────────────────
 
 前回のドバイでのG7でも表現されましたが、今週末のG7でも同じ事
 が表明されました。これって何をいっているのでしょうか?

 ここでいう『柔軟性』とは、「マーケットに任せなさい」ってことです。
 つまり、「介入を行ったりすることはいかがなものか」といっています。
 前回のG7では、アジア通貨という限定した表現があり、連想で中国元
 と円に非難が集まりました。

 ご存知のとおり、円は日本当局(財務省と日銀)が円売り介入を行い、
 中国はドルへのペック制をとっていますので、事実上は固定相場です。

 マーケットに任せるということは、円高になろうが円安になろうがそれ
 にあれこれ口出ししてはいけませんよってことですね。子供のケンカに
 親が口出ししないというのに似てますね。
 
 -------------------------------------------------------------------
 ■ 「為替相場の柔軟性を欠く国・地域にとって」
 -------------------------------------------------------------------

 前回は中国元のことだろうと思っていた日本が、じつは「おたくの事よ」
 ということになって、それにより円売り介入ができないと思えわて円が
 買われる場面がありました。

 今回は、具体的な地域や国について言及されなかったので、日本としては
 「この対象に日本は含まれない」との見解を出しています。すくなくとも 
 柔軟性に欠く国は日本だと思っていると思います。

 つまり、米国が譲歩した形なのでしょうか?

 この辺りが、玉虫色の結果だと思うのですが。 


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
□ 
■ チェック2:米国はいつもクール
□ 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 今回は米国の自国通貨であり、世界の基軸通貨のドルが主要通貨に対して
 弱いということが言われているのですが、当の米国はそこまで為替動向に
 関心がありません。

 ひとつが、ドルに対するレートは企業を除いてみればそこまで関係ないの
 です。つまり1ドルは1ドルまのです。1ドルが100円とかという概念
 はそこまで必要ではないのでしょう。

 ですから、輸出立国である日本が円高で苦しんでいても、米国は通貨政策  
 として、ドルを買い支えることはしません。日本が助けてといっても知ら
 ぬ顔でしょう。

 日本とにているのが、ユーロ圏でしょう。ユーロもドルに対して歴史的な
 高値をつけていて通貨高に悩んでいます。

 今回の声明では、どの国もハッピーエンドだったなんてコメントがでてい
 ますが、どうみてもそうとは思えません。むしろなにも変わっていないの
 ではなんて思います。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
□ 
■ チェック3:今後のドルはどうなるの
□ 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 米国には頭の痛いとされる問題があります。そのひとつが「双子の赤字」
 と呼ばれるものです。赤字ですから確かに良いものではなさそうです。

 双子とは「財政赤字」と「貿易赤字」です。これを背景に米国経済には
 不安があるという人が結構いるのです。

 今年は大統領選挙の年です。減税やイラク戦争の戦費などが国の台所を
 圧迫しています。貿易収支もなかなか構造上の問題が修正されません。

 よって、マーケットは今後もドルの下落リスクが多いのではと見ている
 向きが多いようです。

 これに、日本はG7で「お墨付き」を貰ったも同然の市場介入で対抗す
 るのでしょうか?

 たしかに、これってマーケットですかという感じもしますがね。

 ─────────────────────────────────

 《参考までに》

  財務省HP
  http://www.mof.go.jp/ 

  日本銀行HP
  http://www.boj.or.jp/


☆==今週の売買比率=================================================>

現在の参加者のポジションが、どちらに傾いているかを公開します。
多勢につくか、それとも少数派で行くかはあなた次第です。

[ 日時:2004/02/09 16:12:53 ]        
通貨ペア    short    long
米ドル・円    21%    79%
ユーロ・円    36%    64%
ユーロ・米ドル    45%    55%
豪ドル・円    28%    72%
ポンド・円    59%    41%
NZドル・円    54%    46%
カナダドル・円    7%    93%
スイスフラン・円    27%    73%



☆==今週の「外為のツボ」===========================================>

外国為替取引は一瞬が勝負! 世界の経済指標を収集し、
トレードのタイミングをつかんでください。情報力が勝負の分かれ目です。

********************************************************************
特に注目される経済指標や、その他の材料をお知らせします。
■この時間帯に注目!
2/9 (月) 08:50 (日) 1月マネーサプライM2+CD 
           14:00 (日) 1月景気ウッオチャー調査 
           15:45 (スイス) 1月失業率 
           24:00 (米) 12月卸売在庫

2/10(火) 06:45 (NZ) 12月貿易収支改定値
           14:00 (日) 12月全世帯家計調査
           18:30 (英) 12月貿易収支 

2/11(水) 06:45 (NZ) 第4四半期失業率 
           16:00 (独) 12月経常収支 
           18:30 (英) 1月失業率 

2/12(木) 08:50 (日) 1月企業物価指数速報値
           08:50 (日) 12月経常収支 
           09:30 (豪) 1月失業率 
           16:00 (独) 第4四半期国内総生産・GDP速報値
           22:30 (米) 1月小売売上高 
           22:30 (米) 2/7までの週の新規失業保険申請件数 

2/13(金) 08:50 (日) 2/6までの週の対内対外証券投資
           13:30 (日) 12月鉱工業生確報値 
           20:00 (ユーロ圏) 第4四半期国内総生産・GDP  
           22:30 (米) 12月貿易収支 
           23:50 (米) 2月ミシガン大消費者信頼感指数速報値 

********************************************************************
もっと詳しい為替情報をお知りになりたい方はこちらより
http://www.gaitame.com/04/yocalendar11.html

----------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して
発行しています。( http://www.mag2.com/ )
登録や解除はこちらで。
http://www.virtualfx.jp/content/usersupport/virtual_magazine.html

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
為替取引を分かりやすく 社名を“外為どっとコム” に変更しました
 
 株式会社 外為どっとコム
  TEL:0120−430−225  FAX:03−5733−3062
  mail:info@gaitame.com
  URL :http://www.gaitame.com
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

外国為替保証金取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。
【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差が生じます。
<取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:『外貨ネクストネオ』各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上(法人のお客様は1%以上)に設定 売買手数料:『外貨ネクストネオ』手数料0円>
株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階  TEL:03-5733-3065
金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509)
『バーチャルFX』は、株式会社外為どっとコムの登録商標です。