FX用語集 ま行

マイナーカレンシー
メジャーカレンシー(主要通貨)以外の通貨のことをいいます。
名目金利
物価上昇率などを加味しない表面上の金利。【→実質金利
マイン
インターバンク市場で使われる用語で、たとえばドル/円の取引の場合はドルを「買った」という意味になります。「テイクン(taken)」を使うこともあります。逆に「売った」という場合には「ユアーズ」といいます。
マーク・トゥ・マーケット
持っている資産を、実際の市場価格で計算して、現在の市場価値に評価し直すことをいいます。
マーケットメイク
株式市場において、マーケットメイクを行なうことができる証券会社(マーケットメイカー)が、マーケットメイクの対象となる銘柄について、常時売り気配と買い気配を提示することにより、その気配値段に基づいて売買を行なう制度のことをいいます。マーケットメイカーは種々の要因を考慮し、市場の需給を反映した気配の提示・変更を行ない、顧客はマーケットメイカーを相手に売買を行なうこととなります。現在はジャスダック市場の一部の銘柄について導入されています。
マージンコール
毎営業日午後3時時点のレートで口座状況を時価評価した際に、お客様がお預けになったご資金とポジションによる評価損益の合計(有効保有額)が維持保証金のレベルを下回った場合(維持率が50%を下回った場合)、Eメールにてお知らせを行います。これをマージンコールといいます。
(※バーチャルFXではマージンコールは適用されません)

PAGETOP

メジャーカレンシー
世界中の外国為替市場で、多くの市場参加者が、頻繁に売買している通貨のことをいいます。現在であれば、米ドル、日本円、ユーロ、ポンド、スイスフランのことを指します。主要通貨ともいいます。

PAGETOP

持ち高
たとえば、ドルの買い持ち、ドルの売り持ちをどれだけ持っているかということで、ポジションともいいます。外国為替ディーラーはそれぞれに与えられた制限の範囲内で、ドルが上昇あるいは下降するという予測のもとにポジションを持ち、収益を上げることを狙っています。