IFO注文の流れ

IFO注文とは、IFD注文のように「新規注文」と「決済注文」をセットで発注できる注文です。 しかしIFO注文は、IFD注文とは異なり、決済注文がOCO注文の形式となっていますので、指値とストップの2種類の決済注文を同時に出すことができます。


「新規注文」の流れ

取引画面内の[お取引・照会]ボタンをクリックし、左メニューの[注文・取消]内にある[新規注文]をクリックすると、下記のような[新規注文 入力画面]が表示されます。

[注文種別]の選択

「IFO」が選択されているか確認します。

PAGETOP

[通貨ペア]の選択

次に取引する通貨ペアを選択します。バーチャルFXでの取扱通貨ペアは全部で12種類。

PAGETOP

[レバレッジ]の選択

次に、レバレッジを選択します。
レバレッジとは「てこの原理」の意味で、小さな資金で大きな金額の取引をすること、またはその比率(投資倍率)のことを指します。バーチャルFXでのレバレッジは次の4通りです。

  • ■レバレッジ2・・・預け入れ金の2〜3倍程度の取引が可能
  • ■レバレッジ5・・・5〜7.5倍程度の取引が可能
  • ■レバレッジ10・・・10〜15倍程度の取引が可能
  • ■レバレッジ20・・・20〜30倍程度の取引が可能

このレバレッジを使うことによって、相場が予想通りに動いた場合は、利益を得る事ができます。ただし、相場が予想と逆に動いた場合は、それだけ損失が大きくなります。レバレッジ20倍なら利益も20倍、損も20倍という事になります。

PAGETOP

[売買区分]の選択

次に売買区分の選択をします。
売買区分には「売」「買」の2種類あり、注文時に表示させるレートにチェックをいれます。
※IFO注文の場合[2way]は表示されません。

PAGETOP

[執行条件]の選択

執行条件とは、どのようなレートで注文を成立させるかの方法のことで、[IFO]では「指値」「ストップ」の2種類があります。

指値

「指値」とは、自分が「買いたい」または「売りたい」レートを指定できる注文方法。 相場を見越して、「より安く買いたい」「より高く売りたい」と言いう時に役立ちます。

特徴
指値→条件が有利になるようなレートを指定

ストップ

「ストップ」とは、指値注文とは反対に現在のレートより「上がったら買い」、「下がったら売り」となる注文方法。
「逆指値」とも呼ばれ、指値とは数値の入力のしかたも逆になる。
例えば、買注文では現在値より高いレート、売注文では現在値より低いレートで入力する。
また、通常注文時に限り、連続で指値注文とストップができる[連続注文]の機能があります。

特徴
条件が不利になるようなレートを指定。リスク管理には不可欠。

PAGETOP

[指値]の入力

希望するレートを入力してください。
指値

  • 入力するポイントは、それぞれ次の通りです。
  • ■売買区分が「買」のとき
  • 執行条件が「指値」の場合…現時点のAskレートよりも低いレートを入力
  • 執行条件が「ストップ」の場合…現時点のAskレートよりも高いレートを入力
  • ■売買区分が「売」のとき
  • 執行条件が「指値」の場合…現時点のBidレートよりも高いレートを入力
  • 執行条件が「ストップ」の場合…現時点のBidレートよりも低いレートを入力

PAGETOP

[取引数量]の入力

取引数量を入力します。
外貨の1,000通貨単位から取引可能です。(例:1000ドル)
取引数量

PAGETOP

[有効期限]の選択

  • DAY:その日のニューヨーク市場がクローズするまで
  • 週末:その週のニューヨーク市場がクローズするまで
  • 無期限:取り消すまで有効
    (※ニューヨーク・クローズ:ニューヨーク時間の午後5時=日本時間の翌日7時。米国のサマータイム期間は日本時間の翌日午前6時)
有効期限

PAGETOP

注文内容の確認

[注文内容の確認]をクリックします。取消したい場合はリセットを押してください。

決済注文へ