チャートについて

チャートとは、過去の値動きをグラフで表したものです。チャートには各通貨特有のクセや変動幅、値動きなどのさまざまな情報が詰まっています。チャートを分析することで売買タイミングが判断できます。バーチャルFXでは、3つのチャートがご利用頂けます。

画像チャートテクニカルチャートミニチャート

画像チャート

簡単なものでも良いので、なるべく多くの通貨ペアのチャートを1画面で参照したいときに、画像チャートが便利です。
当社で取り扱っている12通貨ペアのチャートを一括表示でき、1通貨ペアのチャートを拡大で表示させることも可能です。また、チャート「足」の種類は、6種類から選べます。ここでいう「足」とは、一本一本のチャート(ローソク足)あたりの時間を指しております。たとえば「60分足」とは、一本のチャート(ローソク足)が、60分間の為替レートの動きを表わしています。
なお、赤のローソク足は陽線、青のローソク足は陰線となります。

[チャート]をクリックします。

[通貨ペア選択]をクリックし、選択します。

[チャートの種類]を選ぶと表示されます。

〈例:「全て」をクリックした場合〉

PAGETOP

テクニカルチャート

簡易テクニカルチャートでは、当社で取り扱っている12通貨ペアのローソク足チャートと、9種類のテクニカル指標をご覧になれます。テクニカル指標は、移動平均線、エンベローブ、ストキャスティクス、RSI、DMI、MACD、RCI、ボリンジャー・バンド、一目均衡表の9種類がご覧になれます。

[テクニカルチャート]をクリックします。

「通貨ペア」の選択をし、送信ボタンをクリックすると表示されます。

各チャートの詳細はこちら

PAGETOP

ミニチャート

ミニチャートはダイアログ(小さいサイズの別ウィンドウ)で立ち上がる簡易チャートです。小さいサイズの別ウィンドウなので、取引画面とミニチャートの両方をひとつの画面内でご覧いただけます。また、チャートの種類は6種類から選べます。
なお、赤のローソク足は陽線、青のローソク足は陰線となります。