FXとは

FXってなに?

FXとは、預け入れ金(取引保証金)を元手に異なる国の通貨(例:米ドルと円)を売ったり買ったりする「外国為替保証金取引」のことを指します。同じ外国為替取引でも、少ない資金から取引可能なことや、円高でも円安でも収益のチャンスがあるなどの点で、銀行などの外貨預金とは大きく異なります。

FXではどうやって利益を出すの?

FXでの利益の出し方は大別して次の2通りがあります。

「為替差益」による利益

FXでは相場の動きを利用して、外貨を「安く買って、高く売る」あるいは「高く売って、安く買い戻す」ことにより利益を得る事ができます。 例えば、1ドル=100円のときに1ドルと100円を交換しました。その後、相場が1ドル=120円(円安ドル高)に上がり、持っていた1ドルを売ると120円になって、20円の利益がでました。これを「為替差益」といいます。



「スワップポイント」による利益

取引する2通貨間の金利差を「スワップポイント」といい、円のような超低金利通貨で高金利の通貨を買うと、両通貨の金利差調整分を毎日もらえ、安定的に金利差収益を稼ぐことができます。


PAGETOP

FXの魅力

1万円から始められる!

FXは少ない資金で多額の取引をすることが可能です。それはFXの特徴の1つであるレバレッジを利用します。
例えば1ドルが100円のとき、レバレッジ10倍なら1,000ドル(10万円)、100倍なら1万ドル(100万円)のお取引が可能です。

 

円高でも円安でも収益のチャンス!

FXは銀行の外貨預金と違って、外貨を買うことはもちろん、売ることからも始められます。
たとえば、1ドル100円のときに1万ドルを買い、1ドル105円のときに売った場合、(売値105円−買値100円)×1万ドル=5万円の利益となります。また、1ドル105円のときに1万ドルを売り、1ドル100円のときに買い戻した場合、(売値105円−買値100円)×1万ドル=5万円の利益となります。
つまり、外貨を買ったときよりも円安・ドル高になれば、為替差益が出て利益が出る事になるのです。

24時間取引可能

FXのマーケットは24時間眠ることはありません。それは、外国為替市場が世界各地の主要都市で開かれているため、どの時間帯でも世界のどこかで常に取引が行なわれているから。そのおかげで、会社から帰宅した後でも真夜中でも、いつでも好きな時に好きなだけお取引ができるのです。