円安・円高とは?


お金の価値は、上がったり下がったり

お金の交換レートである為替レートが変動すると、その結果、円安と円高という現象が起こります。FXのしくみを知るためには、まずこの円高と円安をしっかり理解する必要があります。

円安は、円が安くなってしまうこと。円高は、円が高くなってしまうこと。

例えば「1ドル=80円」から「1ドル=100円」に為替レートが変化した場合を考えてみましょう。同じ1ドルを買うのに80円だけで済んでいたのに、100円も必要になってしまいました。つまり、ドルの値段が高くなった(ドル高)ということになります。逆に考えると、円の価値が下がった、つまり「円安になった」ということになります。

では、1万円で何ドル買えるか考えてみましょう。

Q.1万円で何米ドル買える?(円安)』

同じ1万円ですが、1ドル100円になると買えるドルが少なくなってしまいました。つまり、ドルの価値が上がり(ドル高)、円の価値が下がった(円安になった)のです。

逆に、円高は円安の正反対となり、「1ドル=100円」から「1ドル=80円」に為替レートが変化した場合は円高となります。同じ1ドルを買うのに100円も必要だったのに、80円で買えるようになりました。つまり、ドルの値段が安くなり、円の価値が高くなったということになります。

このように、円とドルの関係は、その価値が高くなったり低くなったりを繰り返しています。これが円安と円高です。この円高、円安のレートの差を利用して利益を上げるのがFX。次は実際の利益の上げ方を見てみましょう。

まとめ:円安はドルやユーロなどの外貨に対して円の価値が下がること。円高は外貨に対して円の価値が上がること。

次は、為替差益について解説

店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。
<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。>
<『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40〜999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。>
株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065
金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509)
『バーチャルFX』は、株式会社外為どっとコムの登録商標です。

PAGETOP