FXの失敗パターンの代表格!大相場でロスカット!

為岡さん(FX初心者。今まで自己流で取引しまくっているため、失敗経験が多い) 外村先輩(為岡の会社の先輩) Mr.FX(素性を明かさない謎多き人物)
為岡さん(FX初心者。今まで自己流で取引しまくっているため、失敗経験が多い) 外村先輩(為岡の会社の先輩) Mr.FX(素性を明かさない謎多き人物)
第1話
FXの失敗パターンの代表格!大相場でロスカット!

はあぁぁぁ…まさか一晩でこんなことになるとは…

為岡さん(焦り)
外村先輩

どうした、為岡。また随分と深いため息なんかついて。

外村先輩…実は、俺1ヵ月前からFX取引を始めたんすけど。
たった一晩で大損しちゃったんですよぉ…。

為岡さん(落ち込む)
外村先輩(怒り)

まさか、お前!FX初心者なのに、昨日取引したのか?
昨日は米雇用統計の発表なんだから、相場が荒れるに決まっているだろっ!
しかも、大損ってことはストップ注文(逆指値注文)も置いてないってことだな…

え?えぇ!?
先輩もFX取引やってるんですかー!?
しかもなんか、すごい知ってるっぽいんすけど。

為岡さん(驚き)
外村先輩(苦笑い)

俺もお前には言ってなかったけど、
もう5年くらいFX取引してるんだよ。

ちょ…ちょちょっ!
先輩、そのストップなんちゃらって何すか?
もうFXで失敗したくないんで、教えてくださーい!

為岡さん(焦り)
先輩が教える!FXで失敗するよくあるパターン

FXでは損失が膨れ上がった時に、それ以上の損失を防ぐために、
持っているポジションを強制的に決済して終了させられる「ロスカット」という制度があるんだ。

ロスカットが実行されると、損失になってしまい、預けた証拠金の大半は減ってしまうものの、
それ以上の損失を防ぐため、最低限の資金は残ることになる。
為岡は、このロスカットにあったということになるな。

ただ!
ここで注意しなければならないのは、相場には急激に変動することがあって
その場合は、預けた資産以上に損失が発生する場合もあるんだ。

だから、そのような急激に変動がある時には、前もって注意をしておく必要がある…
のに!為岡はそんな時に取引をしちゃったというわけだな。

LESSON01
相場が急激に動く時ってどんな時?

ん?どんな時に相場が急激に動くか分からないって?
まぁ、こればかりは「必ずこう!」とは言い切れないが、気を付けるポイントはある。

それは「経済指標」が発表される時だ。
経済指標とは、いろんな国の政府や省庁から「経済に関する統計」が発表される日で、
事前にいつ発表されるか知ることができるんだ。
特に重要度が高い経済指標が発表される時は、注意しておいた方がいいな。

LESSON02
もしもの時の、ストップ注文(逆指値注文)を忘れるな!

為岡も、昨夜で実感しただろうけど、FX相場は何が起こるかわからないものなんだ。
そういった大相場がきても、損失を最小限に抑えるために
「ストップ注文(逆指値注文)」を入れているかどうかが、FX成功・失敗を左右するんだ!(※)

< ストップ注文(逆指値注文)とは >

ストップ注文(逆指値注文)とは、
〇〇円以上になったら買う・〇〇円以下になったら売る という、通常の指値とは逆に注文を入れること。

通常だったら、安い時に買いたいし、高い時に売りたいだろ?
その逆ということなんだが、このストップ注文(逆指値注文)は、リスク回避のために使うことが多いんだ。

例えば、下の図をちょっと見てほしい。
1ドル100円で買いのポジションを入れる。
101円になったら、1円分の利益が得られるが
もしもヨミが外れて99円、98円…と下がって
さらに急激な相場変動があって、90円まで下がってしまったら?

そうなると、おそらくロスカットになって、大きな損失となってしまう。
でも、「99円以下になったら売る」というストップ注文(逆指値注文)をいれておくと
それ以上、損失が出ることがないから、ロスカットされずに済むということになる。(※)

1ドル100円で買いポジションを入れると同時に1ドル99円に「ストップ注文」を入れる

どんなポジションでも、必ずストップ注文(逆指値注文)を入れておくことで
大相場が来た時も、損失を最小限に抑えられるというわけだ。(※)
これが、FXで失敗しない1つのパターンなんだよ。

なるほどー!!
先輩、めっちゃよくわかりましたよ!なんか教えるの上手っすね!

為岡さん(やる気)
外村先輩(苦笑い)

そ…そうか?
まぁ、FX歴はお前より長いから、またなんかあったら聞いてくれ。

なんか…やる気がでてきました!
もっとFXについて勉強していくんで、また教えてください!

為岡さん(やる気)
今日のまとめ
ポジションを持つ時には、ストップ注文(逆指値注文)を忘れずに!(※)
ちょっとした油断が、大損失につながるかも。
※ストップ注文(逆指値注文)では、実勢レートが指定レートに到達してから執行されるため、相場変動によっては指定レートより制限幅なく、その時点の実勢に基づく大幅にかい離したレートで約定する場合があります(スリッページの発生)。その場合には、お客様にとって想定以上に不利なレートで約定することがありますので十分にご注意ください。また、指値注文およびストップ注文(逆指値注文)は、月曜日の午前7時のオープン(取引開始)レートで約定の条件を満たしていれば、オープンレートで成立します。(ストップ注文(逆指値注文)でも指定したレートからズレて約定します)。
店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。
<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。>
<『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40〜999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。>
株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065
金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509)
『バーチャルFX』は、株式会社外為どっとコムの登録商標です。

PAGETOP