FX入門講座 基本編

FXって何?

FXって何のこと?聞いたことはある方も多いはず。FXとは、「外国為替保証金取引」のことで、外貨投資のひとつです。英語では、外国為替を「Foreign eXchange」と言います。そこからFとXを取って、「FX」と呼ばれるようになりました。

FXはどうやってやるの?

FXは、最大の特徴でもある「レバレッジ」を利用することで、手元の資金の何倍もの金額を取引できます。レバレッジとは「てこ」の原理を意味しており、最大25倍であるため、例えば、1万円の保証金で25万円分のお取引が可能です。

レバレッジを利用することで、少ない資金で大きな利益を得ることが可能ですが、逆に、預けた資金に損失を被る可能性も同時に存在しますので注意が必要です。

FXはどうやったら利益が出るの?

FXで利益を出す方法は2通りあります。一つが、為替レートの変動を利用して利益を出す「為替差益」。もう一つが金利差を利用して利益を出す「スワップポイント」です。

為替レートの変動を利用して利益を出す

為替レートは変動し、円高になったり円安になったりしています。そのレートの差を利用すると、なんと利益を出すことができるのです。これがFXの利益の出し方、別名「為替差益」と言います。

例えば、1ドル=100円のときに、円を売って1ドルを買ったとしましょう。為替レートが1ドル=120円に上がったとき(ドル高円安に動いた時)に、先ほど買ったドルを売って円を買い戻します。すると、どうなるでしょうか?

安く買って高く売る

為替レートの動きを利用すると、100円が120円に増え、結果20円の利益が出ました。この場合、「ドルを安く買って高く売る」ことで利益が生まれたことになります。これが為替レートの変動を利用して、為替差益から利益を得る方法です。

また、FXでは、安く買って、高く売るだけでなく、なんとその逆の、「高く売って、安く買う」ということができるのです。ないものを高く売るなんてなんだか不思議な感じですが、FXではそれが可能です。とにかく先に売ってしまって、後で安く買いもどすというわけです。
1ドル=120円のときにドルを売って円を買い、1ドル=100円で円を売ってドルを買い戻します。 すると、さきほどと同じく20円の利益が出ました。この場合、「ドルを高く売って安く買う」ことで利益が生まれたことになります。

高く売って安く買う

持っていないものを売るなんて、変な感じもしますが、これもFXの魅力の一つ!つまり、相場動向にあわせて、買いと売りの両方から利益を狙うことができるのです。

為替レートの変動を利用して利益を出す

金利が異なる2種類の通貨の売買によって発生する2国間の金利差調整のことを「スワップポイント」と言い、例えば、日本のような低金利通貨を売って、トルコリラのような高金利通貨を買うと、その金利の差額を受け取ることができます。金額こそ大きくはないですが、毎日付与されるので、大変魅力的な利益です。

※スワップポイントは各国の金利情勢により、日々変動します。また、高金利通貨を売って、低金利通貨を買うと、その金利の差額を逆に支払わなければなりません。長期間保有すると、それなりの損失額になってしまう恐れがあります。

スワップポイントシミュレーション
投資にかかる手数料等およびリスクについて
店頭外国為替保証金取引(「FX」および「外国為替証拠金取引」と同義) および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。なお、商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、当該商品等の「契約締結前交付書面」および「約款」等をよくお読みいただき、それら内容をご理解のうえ、ご自身の判断でお取り組みください。
株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065
金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509)

PAGETOP