FX入門講座 応用編

レートはどう見るの?

『バーチャルFX』をはじめ、FXにおける為替レート表示は下図のように2つ並んでいます。

これは、通貨の売値と買値を表しており、この場合、取引通貨は「USD/JPY」つまり「米ドル円」を意味しているので、米ドルを売りたい!と思った人は左側の数字、「117.000」円で米ド ルを売ることができます。反対に、米ドルを買いたい!と思った人は、右側の数字、「117.003」円で米ドルを買うことができるわけです。

チャートはどう見るの?

チャートを読むには、まずは基本のローソク足から覚えましょう。

ローソク足とは、その名の通り蝋燭(ろうそく)に似ていることから、ローソク足と呼ばれます。ローソク足はとてもシンプルですが、この中にたくさんの情報 が詰め込まれていますので、まずはこのローソク足の見方を覚えましょう。

ローソク足の見方

「ローソク足」は1本で始値(はじめね)、終値(おわりね)、高値、安値を表しているため一目で為替レートの値動きが分かる優れモノです。

始値より終値のほうが高い場合は「陽線」と呼び、始値と終値の間の実体部は通常は白抜きまたは赤で表します。
反対に始値より終値の方が低い場合は「陰線」と呼び、実体部は通常は青もしくは黒で表します。

なお、外国為替相場ではBidレートとAskレートがございますが、チャート上では基本的に、始値、高値、安値、終値のいずれもBidレートにて表示されることとなっております。

用語解説

始値(はじめね)
その日(週・月など)の最初に提示されたレート
終値(おわりね)
その日(週・月など)の最後に提示されたレート
高値
その日(週・月など)の中でもっとも高い値段で提示されたレート
安値
その日(週・月など)の中でもっとも安い値段で提示されたレート
投資にかかる手数料等およびリスクについて
店頭外国為替保証金取引(「FX」および「外国為替証拠金取引」と同義) および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。なお、商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、当該商品等の「契約締結前交付書面」および「約款」等をよくお読みいただき、それら内容をご理解のうえ、ご自身の判断でお取り組みください。【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金以上の損失が出る可能性がございます。
株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065
金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509)

PAGETOP